ニキビ 予防

ニキビ予防は洗顔が大事!でもスキンケアと生活習慣も影響大

ニキビ予防

ニキビ予防の基本は洗顔ですよね。
でも洗顔でできるケアは汚れを落とし肌の状態を清潔にするという所までです。

 

でもニキビを予防するためには洗顔後のスキンケア、そして生活習慣もとても重要なポイントになります。

 

毎日洗顔をしっかりとしているのにニキビを繰り返してしまうという方は、もう一度、洗顔だけでなく、日々のスキンケア、生活習慣について見直してみましょう。

 

ニキビ予防のためのスキンケアのポイント

ニキビを予防するためのスキンケアは、まず洗顔後の肌の水分と油分のバランスを整えるということが基本です。

 

洗顔は洗顔料による影響や水やお湯によって肌から皮脂や肌に存在する保湿成分が流されてしまい、多かれ少なかれ潤いが不足した状態になりやすいです。
そのため、洗顔後は速やかに化粧水などで潤いを供給することが大切です。

 

べたつくのが嫌だから保湿ケアは少なめ?ニキビ肌のインナードライに注意

ニキビができやすい人で保湿ケアをすると肌がべたつくから苦手、もしくはテカりが気になるからできるだけサッパリとお手入れを済ませているという方は少なくありません。
でも、ここで注意したいのが、テカりやべたつきが起きる原因が乾燥によるものだった場合です。

 

肌は乾燥すると外部からの刺激や雑菌などから守るために皮脂を分泌させます。この皮脂が過剰に分泌することでテカりが起きている場合があります。
特に洗顔でゴシゴシ、サッパリと洗っているという方はその後の肌が乾燥してしまい、皮脂が過剰に分泌してテカりに繋がっている可能性があります。

 

表向きはテカりがあっても肌の中は潤い不足の隠れ乾燥肌(インナードライ)にならないように洗顔後はしっかりと潤いを与えて、保湿をすることが基本です。

 

ニキビ予防のための生活習慣

思春期ニキビなど体の変化によってできやすくなるニキビの他に20代以降にできる大人ニキビなどがありますよね。
これらニキビは肌の外側だけでなく、体の内側の影響が肌に表れている可能性があります。

 

特に

  • ストレスをためがち
  • 睡眠不足
  • 食生活が偏っている

現代人に多い習慣と言えますが、これらはお肌にも良くないことが多いことがわかっているため、ニキビ予防には外側のスキンケアだけでなく、体の内側からのケアも大切だと言われています。

 

特に睡眠不足は昔から美肌の敵と言われるほど、肌トラブルに繋がりやすいですし、食生活の偏りは健康的な肌作りにも悪影響です。
10代、20代などまだ肌が元気に応えてくれる時は良いですが、年齢を重ねてお肌の曲がり角になった時に肌がニキビ、ニキビ跡でボロボロになったということがないように今一度、生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか?

 

>>ファーストクラッシュの口コミTOPページへ

 

 

ファーストクラッシュ公式サイトへ


関連ページ

ニキビケアの洗顔料選び方
ニキビ予防やニキビができやすい肌の方の洗顔料選びのポイントについて解説しています。洗顔フォーム、洗顔石鹸それぞれの特徴もご紹介しています。
ニキビ対策と保湿ケアの関係とは?
ニキビケアで保湿が重要と言われる理由と保湿ケアを行う意味について解説しています。またニキビケアのためのスキンケア化粧品選びのポイントもご紹介しています。
思春期ニキビの原因とNGなニキビケア
思春期ニキビが出来やすい理由、原因について解説しています。また、ついやってしまいがちなお肌に良くないNGなニキビケアについてお話しています。